クリスマスの飾りつけのクッキーってどんなもの??食べられるの??クッキー以外にはどんなものを飾る??

外の空気も寒くなり、いよいよクリスマスが近づいてきました。
毎年当然のように市販のものを飾っているクリスマスツリー。

皆さんはクリスマスの飾りつけに食べられるクッキーを飾ったりすることをご存知ですか?

このクッキー、一般的にはオーナメントクッキーと呼ばれているそうです。

今回はオーナメントクッキーについて、種類や、いつまで食べられるのか?
またクッキー以外の食べ物はどんなものを飾ったりするのか?

をご紹介します。

スポンサードリンク


クリスマスツリーに飾るクッキーはどんなもの??

オーナメントクッキーは昔、クリスマスの魔除けに作られたものだったそうです。
その頃は、ジンジャーやシナモンなどのスパイシーな香辛料を生地に混ぜ込み作っていたそうです。

しかし現在ではあまり決まりなどはなく、かわいく雰囲気に合ったものを飾る人が多いようです。

ここでいくつかご紹介します。

アイシングクッキー

卵白、粉砂糖、食紅などを加えてアイシングを作りクッキーにデコレーション。
かわいく作ったり、顔を描いたりとオリジナル感があっていいですよね。
上の写真のように色も自分で調節できてかわいい♪

ステンドグラスクッキー

生地を作るときに、型抜きでくり抜き、そこに飴を砕いたものを入れて焼くと
出来上がり。
のぞくと透けて見えたりして、またかわいい♪

他にも、「小麦粘土を自宅で作って子供と形を作って焼いたよ~」
なんて人もいました。

子供と一緒に作るのも素敵ですよね。


スポンサードリンク


クリスマスの飾りのクッキーはいつまで食べられるの??

基本的に一週間位が目安になります。
しかしきちんと中まで火が通っていなかったり、保存状態が悪いともう少し短くなります。

きちんと袋に密封して、乾燥剤を入れたほうが安心でしょう。

心配な方はオーナメントクッキーは飾りだけにして、食べるのは控えたほうが良いかもしれません。

クッキー以外に何か飾る食べ物はあるの??

オーナメントクッキー以外には最近では、ゼリービーンズやマカロンを袋に入れて飾ったりする人もいるようです。
色とりどりでおしゃれな感じのクリスマスツリーになりますね。

また市販のお菓子(ハイチューやパイの実、ガーナチョコ)の小袋を飾っている人もいました。
手に取ってすぐ食べられますし、日持ちもするのでお得かもしれませんね。

まとめ

オーナメントクッキーやその他のお菓子のツリーは、実際の飾りにも負けないかわいらしさがありました。
お子さんがいらっしゃる方や、女子会などにも合いそうですね。

保存方法などは気を付けて楽しみながら飾りつけをしてみてください。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする