新幹線へのベビーカー持ち込みでの注意点!使うと便利な座席とは?

長い休みを利用して、赤ちゃんと帰省したり遠方に遊びに行く方も多いと思います。

赤ちゃんがいる方にとって、自分の体への負担も考えてベビーカーは必需品。

移動が長くなる場合は特に必要ですよね。

ただ、新幹線への持ち込みとなってくるといろいろ考えてしまう部分もあります。

今回は

新幹線へのベビーカーの持ち込みでの注意点と使うと便利な座席

についてご紹介していきたいと思います。

新幹線へベビーカーを持ち込んでも大丈夫?

新幹線へのベビーカー持ち込みというのは言うまでもなくOKです。

ただ、狭い車内ですのでベビーカーをそのままにするのではなく、きちんとたたんでくださいね。

中には「デッキだったらたたまなくてもいいかな~」と思う方もいると思いますが、

すれ違う時にベビーカーがそのまま置いてあったら迷惑になってしまうのでたたんだほうがいいですね。

スポンサードリンク


たたんだベビーカーはどこに置く?便利な座席は?

たたんだベビーカーをどこに置いておくかということなのですが、新幹線の場合、車両の後にスペースがあるかと思います。(11号車から入ったすぐの座席が広くておすすめ)

その座席を確保した上で、スペースにたたんだベビーカーを置いておくのが理想です。

ベビーカーのサイズにもよりますが、たたんで足元に置けるようなら置いてもOK!(隣のお客さんに迷惑をかけないように)

最近ではA型ベビーカーも薄いものがあるので後をの座席が確保できなければ足元も可能ですね。

また車いすの人が利用する席も空いていれば使用できる場合もあります。(11号車)

ただし、利用する人がいない場合に限りますので駅で確認されることをお勧めします。

前もって数日前から~と思っても車いすの人の予約が入るかもしれないと断られるかもしれません。

席が取れた場合は、三人掛けではなく二人掛けの席に座ることになります。

その隣に車いすを置くスペースがあるので、そこにたたまないでベビーカーを置くこともできます。

けれどこれは誰も前もって予約がなく運よくとれれば・・・になってしまいます。

スポンサードリンク


まとめ

赤ちゃんを連れての移動は本当に大変ですよね。

持ち物は多いし、じっとしていられないし。

でも前もって下準備をしておけば負担を減らせます。

他にも電車の中で赤ちゃんが飽きないように、食べ物を工夫してつまめたり、握れるものにし

たり、なるべく眠る時間に合わせて乗る時刻を決める人もいるようです。

大変な時期ではありますが、かわいい赤ちゃんとの旅は楽しいもの。

下準備で快適に過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする