山の日とは?できた経緯と全国で開催されているイベントもご紹介

山の日とは?できた経緯と全国で開催されているイベントもご紹介

祝日というのはそれでなくともありがたいものですが、2016年に新しく祝日として制定されたのが「山の日」です。

なんとなくイメージはつくものの、「山の日とは一体何でしょうか?」と問われるとハッキリと答えられない方も多いでしょう。

ここでは、改めて山の日がどのようなものなのか、どんなイベントがあるかについてお話ししていきたいと思います。

山の日とは?

山の日というのは、2016年1月1日に制定された新しい祝日です。

数年前のことですし、当時はニュースでも大々的に取り上げていましたので、まだ記憶に新しいという方も多いでしょう。

8月11日が山の日で、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という日になります。

ちょうどお盆の前になりますので、山の日を使って連休にすることもできますね。

山の日ができた経緯とは?

もともと海と山というのは対になるような存在として扱われるものですが、海の日がある一方で山の日はありませんでした。

そこで山の日を決めてはどうかという山の日制定議員連盟が発足され議論されました。

8月11日が選ばれたのは、夏山登山に最適なシーズンであり、お盆前で企業への影響が少なくて済むという理由もあり決定したようです。

山の日にはどんなイベントがある?その内容は?

山の日というのは新しく制定された祝日ということもあり、他の祝日に比べるとマイナーなところがあるものです。

そのため、中には「なんか盛り上がりに欠けるかも……」という方もいるかもしれません。

しかしながら、山の日に開催されるイベントもいろいろありますので、楽しもうと思ったらいくらでも楽しめるのです。

ここで全国で開催されている山の日のイベントをご紹介します。

◆アウトドア総合ブランド「モンベル」のイベント

アウトドア総合ブランドということもあり、山の日にはかなり力を入れているようです。

モンベルの店舗によっても違ってくるのですが、例えばモンベルネイチャートラベル主催の

「南アルプスの白い鋭峰 百名山甲斐駒ヶ岳2days」といったものがあります。

これは中級者向けとなっていますが、他にも親子で参加できるようなものもたくさんあります。

立山の室堂ターミナル屋上で開催される山の日ウィーク

伝統芸能披露や立山山頂ウォークといった体験型のイベントがあります。

グルメや地元の特産品のショッピングといったものも楽しめるので、大人から子どもまで誰もが楽しめるイベントといっていいでしょう。

丹沢では山モリ!フェス

「山と森」をテーマに、選りすぐりのモノと楽しめるコトが山モリのイベントとなっています。

登山・アウトドア用具相談&アウトレットフェアといったものもありますし、スラックライン体験や丹沢どうぶつ★ミニ探検隊といった体験型のものもあります。

こちらも大人からどもまで誰もが楽しめるイベントとなっているのですが、おとな女子登山部による講座など女性にビビビっとくるものも目立ちます。

◆山の日記念全国大会

これは山の日が祝日として制定されてから毎年開催されているもので、山の日を代表するイベントと言えるでしょう。

2018年は鳥取で開催されるようです。大山エリアと米子エリアでわかれているのですが、それぞれでイベントの内容も異なってきます。

基本的にはステージイベントがメインとなるようですが、うまいもん市などもあるようです。

有名人によるトークショーなどもあり、大々的におこなわれるイベントとなりますので、是非一度は参加しておきたいものです。

まとめ

山の日のイベントは全国でも開催しているんですね。

山の日にちなんだトークショーを見に行ったり、これを機に軽い山登りにチャレンジしてもいいですよね。

私も子どもとハイキングに行くこともあるので、アウトドアのイベントが近くであれば覗いてみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする