台風への備え。家や周辺の注意する事,危険な行動などをご紹介


台風への備え。家や周辺の注意する事,危険な行動などをご紹介

台風情報がちらほら出てくる季節になりました。
最近の日本の気候を見ると早めの対策が被害を最小限に抑えることが大切なのが分かります。

皆さんは台風への備えは何かしていますか?
最近の気象の変化はとても怖いのでしっかり準備をしたいですね。

スポンサードリンク


台風への備え、家や周辺でチェックすること

◆雨戸やシャッターを閉める

台風の時に家の窓にバケツや折れた木が飛んでくる場合もありますし、風が強いときは濡れた雑誌や水の入った缶なども飛んだりして危ないです。

割れてしまうと家にも雨風が入ってきてしまうので、シャッターは閉めたほうがいいですね。

◆ベランダの植物をしまい物干しざおを下げておく

私も経験があるのですが、物干しざおのさしてある部分がドカン!と大きな音を立てて下に下がっていたことがあります。

壊れてしまったのかと焦りましたが今では、物干しざおを下して家の中に入れ、かけてある部分も下げておきます。

物干しざお自体もぶつかったら危険なので中に入れておいたほうがいいですね。

◆雨どいや排水溝が詰まってないかをチェック

枯れ葉やゴミが詰まり水が流れないと大変ですのでつまりをチェックしておくことは重要です。

うちのほうでも毎回詰まる場所があるので、市役所に連絡したりもしました。

◆家の周りのものを整理しておく

うちの場合、子供がいるので庭にバケツや三輪車があるので、チェックして物置の中に入れます。

三輪車や子供の乗り物(Jボー、ローラースケート等)も動き出して隣の家の塀や車にぶつかる恐れもあるので片付けが必要ですね。

スポンサードリンク


台風への備え、準備しておくもの

◆避難所の確認

避難所が大体あそこらへんだろうな~と思っている方はきちんとご確認ください。

安全面でももちろんですし、もし被害が大きくなってしまった時も知っておくと便利ですよね。

◆非常袋の準備

非常袋もチェックが必要です。

我が家でも子供が触って壊れてしまったものがあったので買いに行きました。

非常食も最近よく食べるのでプラスしなきゃなと思います。

台風の時にやってはいけないNG行動

【不要な外出はしない】

大丈夫だろうと思って外に出た人がケガをするケースが後を絶ちません。また車で外出する場合も視界が悪く何か飛んできても危ないのでできるだけ避けましょう。

【海を見に行かない】

自然災害は急変することも多く、海や山には近づかないで下さい。

前回の大雨による被害も突然起こったので、近くの方は前もって避難するなどニュースや防災無線などでしっかり確認してくださいね。

まとめ

知っていることでも、あっあそこもやっておけばよかったとついつい忘れてしまうこともある家の周辺のもの。

ケガや何か壊れてしまう前に台風への備えをもう一度しっかりしておきたいですね。

我が家でももう一度よく確認しておきたいと思います。
スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする