風邪に効く食事はどんなもの??鼻やのどに効く食事もご紹介。

鼻水、なかなか治らない咳、熱。
風邪は長引いたり、ぶり返したり、なかなかしぶといものです。

そんな時は風邪に効果がある食事や、消化に良いものを積極的に摂って早く改善したいですよね。

今回は風邪に効く食事や鼻やのどに効く食事をご紹介します。

風邪に効く食事ってどんなもの??

風邪をひくとビタミンを消耗するので、ビタミンを補う食事を心がけて下さい。
また、風邪の時は、胃腸も弱ってしまうので消化が良いものがいいですね。

ビタミンAを含むニンジン、大根、ホウレン草などを使ってスープやスムージーなどや、
消化に良いおかゆや柔らかく煮たうどん、りんごやバナナなどの果物も風邪の時には良いですね。

また、体温が上がるとエネルギーの消費がさかんになるので無理にとは言いませんが、食欲がないときはゼリー、ヨーグルト、アイスなど口当たりの良いものを食べてエネルギーを補充してください。
ただ、続けて食べると体が冷えてしまうので、調整して下さいね。


スポンサードリンク


風邪の時、鼻水に効く食事は??

風邪の時にとめどなく出る鼻水。
頭がぼーっとして辛いですよね。

鼻水が出るのはウイルスを出すためです。
かみすぎると鼻の中の粘膜が弱くなったり、ひどくなると鼻の中が腫れてしまったり
治りも悪いですよね。

鼻水に効く食事は

ねぎやしょうがなど、体を温めるものと、
鼻の粘膜を強くし殺菌作用があるビタミンA

です。

【豚煮込み】(家にあるもの:適量で)
・しょうがのすりおろし
・長ネギ
・豚肉
・しめじ
・豆腐

等を入れて味噌や醤油とみりん・だし・砂糖などで煮ても美味しくて温まりますね。
うどんを入れてよく煮込めば消化もよくエネルギーにもなりますね。

【人参と玉ねぎのスープ】

・ニンジン
・玉ねぎ
・コンソメ
・水
(好みでベーコン)

薄味で食べやすく、ビタミンAが豊富なスープ。
食欲があるときは、塩と牛乳を入れてポタージュなどもよいです。

スポンサードリンク


風邪の時、のどに効く食事は??

風邪はのどからくる事も多いですよね。
風邪で鼻がつまり口呼吸になってしまうと、のどに負担がかかります。

風邪ののどに効くものは、
殺菌作用や抗炎作用のあるはちみつやしょうが
肺や粘膜を修復するみかん
などが良いです。

悪化しないためにものどに良い食事をご紹介します。

【はちみつジンジャー】

・炭酸水(甘味があってもなくてもお好みで)
・しょうが(汁)
・はちみつ

しょうがはお子さんは少量で、はちみつは多めがいいですね。
のどが痛いかも・・・という時や予防にも飲みたいですね。


【ミカンのはちみつ漬け】

・ミカン
・はちみつ
・水
・みかんの汁

みかんを切ってはちみつとを水(季節によってぬるま湯)で薄めるだけ。
皮に栄養があるため、皮ごと食べてください。

まとめ

家にあるもので簡単に食べられるものをご紹介しました。

風邪の時は殺菌作用があるはちみつや、粘膜を強くするビタミンAのニンジンや玉ねぎ、大根などは積極的に食べたいですね。
温まるもので、いつもより長めに火を通し胃に優しい料理がおすすめ。

風邪は長引きますので皆さんもお身体大切になさって下さい。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする