グッドドクター5話!感想やあらすじ自閉症の反響,発達障害を持つ母親より

グッドドクター5話!感想やあらすじ自閉症の反響,発達障害を持つ母親より

前回も湊のおかげでつらい毎日を送っていた少女を助けられて感動でしたね。

正直湊の周りの医者は何やってるんだ!!って感じでしたよね。

前回4話、放送の感想やあらすじはこちら

高山先生の弟さんの事も気になりますし、ますます目が離せないグッドドクター5話。

今回も5話の感想やあらすじについてお伝えします。

スポンサードリンク


グッドドクター5話、あらすじ

今回はF分の1ゆらぎの周波数(聴くことでリラックス効果がある)を持つ天才ボーイソプラノの声を持つ少年、羽山響君のお話です。

練習中にのどが痛いと苦しむ響君。病院に来た時にはひどい炎症がありました。

響君は下咽頭梨状窩瘻という病気で先天性の病気でした。

瀬戸先生(上野樹里さん)は摘出手術をすすめます。しかし高度な手術のため高音が出にくくなるかもしれないという説明に、響の親である哲郎が猛反対します。

しかし、手術が遅れるたびに悪化するため、周囲の先生は説得しようとします。

響君のファンという小児科に入院しているりんたろう君が訪れました。

りんたろう君に冷たくする響君・・・

そんな時響君が発作を起こし発熱してしまいます。

高山先生が手術をしないと響君が苦しいままと説明しますが、声が出なくなるかもしれないからと再度父親の哲郎は断ります。

そこに必死に湊(山崎賢人さん)が早急に手術をすることを伝えますが徹郎と衝突してしまいます。

また高山先生の障害をもつ弟に対する思いと湊に対する複雑な思いが重なり・・・

弟が自分のせいでパニックを起こし電車にひかれたことを瀬戸先生に話します。

そしてそんな思いから違う場所(画像診断科)に転科させようとします。

そんな時、湊が響君がいつも耳についているヘッドホンから音楽が流れていないことに気づきます。

そして響君を病室から連れ出します。

父親の哲郎が探し出したとき、響君は言います。

「音楽なんか嫌いだ。僕が歌うほどお父さんは僕を見なくなった・・・」

その言葉を聞いて父親は響にこんなことを吹き込んだのは誰だ!と湊を責めます。

そして、普通じゃない先生がいる病院を退院させたいと湊に言います。

しかしそんな時りんたろう君が白血病が再発し、鼻血を出して倒れてしまい・・・りんたろう君は落ち込んでしまいます。

そこに小児病棟の患者の子供とちと響君がやってきて合唱を披露します。

スポンサードリンク


グッドドクター5話、感想

毎回ながら湊は患者さんの事を第一に考えているのに瀬戸先生以外の周りの医者は、権力や保身などを考えてるところがありますよね。

ドラマの回が進むたびに、障害がない人たちのずるい部分が見えてしまって腹が立ったりします。

湊と瀬戸先生以外がダメ人間ですよね~。湊が天使に見える。

誰よりも子供の変化に敏感に気づく湊は本当に良いお医者さんですよね。

高山先生もきっといい人なんだろうけど、弟が障害だっただけに複雑な気持ちがありますね。

でも今回の高山先生の告白で湊に対する特別な思いが伝わり感動してしまいました。

障害があってもいろんなこと経験させてあげたい・・・でも失敗したらつらい思いをするのは本人。

うーん・・何が正解なのか難しい、課題ですよね。

そんな中最後、虐待をしていたという湊の父親が現れ・・・

来週波乱が予想されます。

負けないで湊。周囲の先生たち、湊を助けてあげて!!

グッドドクターを観たい方はこちらから↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする