インフルエンザの予防接種は子供に有効??副作用や接種率をご紹介。

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。

子育てしている方は

「予防接種してもインフルエンザになるっていうし・・・」

「でも重症化したらどうしよう・・・」

子供の予防接種をどうするか考えますよね。

今回は

インフルエンザの予防接種は子供に有効か?副作用や予防接種率は??

というお話です。

スポンサードリンク


インフルエンザの予防接種は子供に効果はある??

インフルエンザの予防接種は6か月未満の赤ちゃんは接種できません。
6か月未満の子は、インフルエンザワクチンの効果が証明されていないからです。

では未就学児、幼稚園や保育園の子供は効果があるかというと、効果は20~30%なんだそうです。

思ったよりインフルエンザワクチンは有効ではないのかと思った方も多いでしょう。

実際に予防接種を受けたけれど「インフルエンザに罹ってしまった」と嘆いているママたちも多いのが事実です。

しかし

・重症化するのが心配
・仕事もあるので子供がなるべく病気にならないように
・妊婦なので家族がインフルエンザになるのを避けたい

などの理由から20~30%有効だとしても「なるべくかかりたくないから」

と接種している方も多いのは事実です。

スポンサードリンク


インフルエンザの予防接種での子供に対する副作用とは??

やはり、一番多いのは風邪のような症状が出ることです。

風邪といえば

・倦怠感
・めまい
・微熱
・下痢

などの諸症状が出る場合もあります。

他には、じんましんや口内炎などの症状も出る場合もあります。

軽度の副作用の確率は100分の1。結構起こるようですね。

またごくたまに急性脳症や喘息やけいれんなど、重症化するケースもあります。

重症化する確率は100万分の1。少ないですが重症化する子供がいるのも事実です。

インフルエンザの予防接種率は??

接種率は約50%だそうです。

中には本当は受けたいけれど子供が体調が悪くて受けられなかった・・という人もいるようです。

現在では予防薬(リレンザ、イナビル)というものも登場しています。

家族や周囲の方がかかった場合、予防薬を飲むそう。

予防接種以外の選択肢も出てきましたね。

まとめ

高熱が出たり、家族にすぐにうつってしまうインフルエンザ。

予防接種率は50%

20~30%が有効と言われている現在、確率を減らしたいという人は打っています。

ご家庭の状況に合わせご検討してみてください。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする