正月太り解消法、調理方法や食べ方をご紹介。

年末からお正月にかけて、付き合いやついダラダラ食べてしまい、気が付いたら太ってしまった・・・なんて人も多いと思います。

味付けの濃いものや多めのお酒によるむくみなどの原因が大きいようです。

寒いし運動をして・・・というのもなかなか難しい季節。

普段の生活から少し意識して、徐々に体重をもとに戻していきたいものです。

今回は

正月太り解消法、調理法や食べ方

をご紹介します。

スポンサードリンク


正月太りを解消するための調理法は??

◆肉の脂身(白い脂)は取り除いたり、もともと脂肪が少ない部位(赤身)を使う。

◆鳥もも肉は皮を取り除いてカロリーを抑える。

◆温度は温かいもの、食材は体を温めるを使う。

◆炒める前にはレンジで加熱し、油の吸収を減らす。色も鮮やかになる場合が多い。

◆カサの減らない野菜(ピーマン、キャベツなど)を使い食べ応えのあるものに。

◆味の濃いものは食が進んでしまうので、調味料より、薬味やスパイスなどで味付けをする。

◆ダイエットメニューを冷凍しておく。(鶏ひき肉の肉みそ、野菜たっぷりミートソースなど)


スポンサードリンク


正月太り解消のための食べ方は??

●ゆっくり食べる・・・・食事を始めてから満腹中枢を刺激されるのは15分~30分かかるので、食べ過ぎを防止することができます。

野菜を大きく切ったり歯ごたえのあるもを食べるようにする、汁物を加えるなど工夫をしてみてください。

●肉や魚を食べるときは、野菜、きのこ、改装を食べる・・・消化を助けたりビタミンやミネラルも摂取できます。

●コンビニではちょい足しを・・・おにぎりなどにはサラダやおでんの野菜をプラスすると食べ過ぎ防止に。

●外食では和食をチョイスし、中でも1汁3菜を意識して選ぶ。

まとめ

つきたての脂肪は落ちやすいと言われています。

早めに意識することも大切です。

ちょっとした調理法や食べ方などで痩せやすい体になっていきます。

寒い中運動はハードルが高い方もいらっしゃると思いますが、イベントに出かけてみるなどしてもよいですね。

徐々に健康的に痩せる方法なので、皆さんも意識してみてくださいね。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする