子供がADHDかもと思ったら?普段の様子と学習の困りごとは?どのように接していくのが良い?

うちの子、周りの子供と比べて常に動いているし、集中力もないみたい・・・

うっかりしているしそれが度を過ぎているような・・・

と悩んでいる方いませんか?

うちには三人の娘がいるのですが、実は次女が小学一年生の頃発達障害のADHDと診断されました。

こうやってADHDと周りに言えるまで時間がかかりましたが、今では話せるようになりました。

きっと「発達障害かも・・」とお悩みの方たくさんいると思います。

今回はそんな方々に

子供がADHDかもと思ったら?普段の様子と学習の困りごとは?どのように接していくのが良いのか

をご紹介します。

スポンサードリンク


子供がADHDかもと思ったら??

現在発達障害の子供の人数は年々増えつつあります。

小学校のクラスで言えば、平均1クラスに3人~4人いるようで、決して珍しい障害(とは言いたくないのですが)ではありません。

女子より男子に多い傾向にあります。

ADHDは簡単に言えば、注意力にかけ、落ち着きがなく、時に衝動的な行動をとるという特徴があります。

ほかの子と比べて思うことは、色々な事に興味がうつってしまいます。

他にも、椅子に座ってもどこかソワソワしていたり、家であれば何か理由をつけて歩きまわっています。(あれをやるのを忘れた、トイレ、おなかすいた)

一見普通の行動ですが、普通の子供よりこれらの頻度は高いと思います。

普段のADHDの様子はどんな感じ??

◆多動・・・ソワソワ、せっかちでゆっくりくつろげない。長時間座っていると不快に。用もないのにうろついたり、座っていても足をブラブラ、態勢をしきりに変える、歌を歌う貧乏ゆすりをする。

◆不注意・・・気が散りやすく集中できない。別の世界に飛んでしまい、先生の話を聞いていない。居眠り、違うことを考える。

◆衝動性・・・後先考えずに、思い付きで行動。空気を読めない。思ったことを思わず口にしてしい、相手が不快に。

◆感情の不安定・・・思い通りにいかないと、些細なことでも不機嫌に。短気、癇癪、キレやすい。

◆整理整頓ができない・・・片付けができず、忘れ物が多い。

こんな感じが主な特徴ですが、これが全部あてはまるか??と言えばそうでもないです。

うちは、一番が忘れ物が目立ちますが、癇癪などはあまり起こしません。

このように、この中でも強く出ている症状と、あまり出ないものがあります。

スポンサードリンク


ADHDの学習での困りごとは??

まずは、集中力がほかの子より低いので、ガヤガヤしたクラスや、家で気になるものが周りに

あったりすると、いくら「集中して!!」と言っても集中できません。

なるべく周囲に何もない、声もしないところが理想のです。

そして忘れ物が多いので、よく見てあげるしかありません。

ひどい時などは、ランドセルに入れっぱなしで机に入れるのを忘れたり、玄関まで持って行って玄関に置いていくなどがあります。

忘れ物をすると学習にも影響するので困ってしまいますね。

ADHDかもしれない子供にどのように接していけば良いか??

正直、「集中して!!」「忘れ物しないで!!」と言いたいのですが、それでは子供に悪影響です。

本当にADHD であれば、私たちが気にならない事も大きく聞こえたり、見えたり、情報がダイレクトに脳に伝わってしまうのです。

出来るだけ、集中の妨げになるものは遮断してください。専用のついたて(自分の周りを囲むように段ボールで覆ってもよい)もありますので

ネットなどで調べてみて下さいね。

忘れ物も、玄関でチェックする、ちゃんと入れないと忘れやすいものは目立つ色にするなど工夫してみてください。

あと注意をする時は少し声のトーンを下げてゆっくり話すこともおすすめ。

そうすることで相手の衝動を少しクールダウンできます。

スポンサードリンク


まとめ

お子さんがADHDかも・・・と不安になられたり、大変な思いをしているご両親もいらっしゃると思います。

私も次女は幼稚園までどちらかいうとしっかりしていたので初めはものすごく戸惑いました。

今はイライラもありますが、良いところも見えてきて面白いな~と思うところもあります。

有名人でもappleのジョブズや、楽天の三木谷さん等もADHDだったのでは?などと言われているのでものすごい才能が隠されているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする