子供のADHDの診断は病院の何科を受診すればいい?どんな検査をするの?持って行ったほうがよいものってある??

現在クラスに三人くらいはいると言われているADHD。

実はうちの娘も去年ADHDと病院で診断されました。

娘は幼稚園の頃はみんなとそんなに変わらず、どちらかというと目立つ行動をする子ではなかったのですが・・・

この発達障害の特徴として、小学校に行ってから発見されるケースが多いようです。

その理由として、幼稚園、保育園の頃は遊びの活動も多く、勉強するためにじっとすることがあまりなかったから。

学校に通ってからみんなとは少し違う・・・となるようです。

ここでADHDの学校や家での特徴をお話しします。

多動・・・椅子に座っていても足を常にぶらぶらさせたり、手でリズムをとったりとじっとしていられない、歩き回る。

注意欠陥・・・周りが気になって勉強に集中できず、ノートをとるのを忘れる、先生の指示がわからず何をやっていいか分からない。忘れ物が多い。

気づくのは学校で指示が通らない、集中できない場合に担任の先生から言われたりします。

また家で、宿題をしているときに集中力が続かず時間がかかりすぎたり、忘れ物が多く何回も学校に取りに行く事が多くひょっとして・・・と思う場合もあります。

今回はそんなことでお悩みの方に

子供のADHDの診断は病院の何科を受診すればいい?どんな検査をするの?持って行ったほうがよいものってあの??

というお話です。

スポンサードリンク


子供のADHDの診断は病院の何科を受診すればいい?

小児科が一般的です。

うちの娘の場合、はじめは市役所に子供相談室のようなところがあり、そこに相談し先生を紹

介してもらいましたが、小児科でした。

そこは、発達障害に特化した先生だったのでそこに予約をとり、二週間後に診察に行きました。

他にも発達小児科や小児神経科などがある所は発達障害に特化しています。

もし周りにはない、わからなくて不安な場合はお住まいの市役所の子供相談室に相談するのがおすすめです。

子供のADHDどんな検査をするの??

WISKⅣ(ウイスクフォー)(5歳~16歳11か月に行う)

児童の発達や成長、得意不得意を見るもの。発達障害の場合はこの検査をやります。

病院で受けられますが、学校でも受けられます。

K-ABC(2歳6か月~12歳11か月)

認知処理や学習の習得度を見るもの。

内容は数唱(バラバラに数字を言われ同じように復唱する)や手の動作(手の動作を真似する)、なぞなぞなど色々行われる。

得意分野を知ることもできますし、これから学習などへどのように支援していけばよいのかを

分かります。

他に問診学校の様子を先生に聞くアンケートなどをやる場合もあります。

スポンサードリンク


子供のADHDの診断に持っていくといいものは??

基本手ぶらでいいのですが、うちの娘の時はお道具箱の中の写真や、チックも出ていたのでそ

の動画を先生に見せました。

もし、心配な行動があればそれを動画に撮って持っていくのもいいですし、学習でお困りでし

たらお子さんの勉強に使っているノートを持っていくのも良いですね。

知り合いの方はあまりに癇癪がひどい子なので、その様子を動画に撮って見せたそうです。

とにかく、学習面や、お友達の面で困っていること、生活でこれが不自由していることを伝え

られるようにすると、先生もわかりやすいです。

ADHDの学習の困りごとについて

ADHDの学習の困りごとは?対応の仕方

まとめ

わが子がADHDだったらどうしよう・・・と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

診断されることにより家庭や学校の支援方法も分かり、子供にとってプラスになったと思います。

例えば、忘れ物をしないようにこんな工夫ができるよ、学校での席順は前にしてもらえると

気が散らないよなど、娘にとっても具体的な事がわかり良かったと思います。

心配な方は病院を診断してみて下さいね。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする